【米子市の探偵】鳥取県・米子市の総合探偵社ガルエージェンシー米子

離婚原因

離婚原因は民法770条1項に定められています。

① 配偶者の不貞な行為があったとき
② 配偶者から悪意で遺棄されたとき
③ 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
④ 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
⑤ その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

悪意の遺棄

悪意の遺棄に当たる場合は、大きく分けて3つあります。

① 同居義務違反

一つ目は同居義務違反です。同居義務違反は不当な同居義務の不履行に限られ、単身赴任など職業上の必要、子の教育の必要、病気療養など正当な理由に基くものは、遺棄に該当しません。ただし、正当な理由に基く別居であっても、生活扶助義務を履行しないなどの事情があれば、遺棄と認定される場合があると考えられます。反対に、生活費は妻に欠かさず送っていたが、夫は妾のもとに走り家に帰ってこないという事案で遺棄を認定した判例があります。

② 協力義務違反

二つ目は協力義務違反です。夫婦間の協力義務は、通常、同居・扶助義務と一体となって意味を持ってくるので、協力義務の不履行のみで悪意の遺棄が認められる場合は想定しにくいのですが、嫁姑の不仲などの問題に全く関与しない場合などが考えられます。

③ 扶助義務違反

三つ目は扶助義務違反です。扶助義務の不履行は、悪意の遺棄が問題となった事例の中心的なものであり、典型的な事例として、夫が他の女性のもとに走り、生活費を支払わないというものが考えられます。この扶助義務の不履行については、例外的な場合を除いて悪意の遺棄となります。


以上のように、悪意の遺棄かどうかは夫婦らしい生活の断絶があるかどうかで判断されます。

離婚相談室メニュー

どんな人が浮気をする?
不貞行為とは
慰謝料の相場
男と女の修羅場
親権と養育費
離婚の準備
離婚調停の知識
離婚の財産分与
離婚原因

その他、お気になる点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

24時間相談無料

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE